/page/2
socialfoto:

1969 Jaguar, Roadster by Photojourno21

socialfoto:

1969 Jaguar, Roadster by Photojourno21

(chr6099から)

かつてあンなに好きだったものが、あまりピンとこなくなり興味を失う事がある。それに費やした時間やお金を考えると唖然とするが、それは自分が次の段階へ上がったのだと喜ぶ事なのだ。無駄が人生を豊かにする事は多い。皮肉な事に、この世で大して役に立たないものが、最も楽しいものだったりする。
本田宗一郎は、消費者に何が欲しいか聞いてそこで一位になったものを作って販売する、という事に対して、死ねば良いのに、と述べている。
falsehope: It’s That Time (via peperon999) (via katoyuu) (via kml) (via konishiroku) (via suchi) (via yaruo) (via thresholdnote, anbt) (via dukkha) (via dannnao) (via itokonnyaku) (via rcxtester) (via sashatan) (via maenomeri) (via junsakura) (via aki373) (via technerd-org) (via gutarin) (via an-k) (via hiyoko72) (via nobby0-0) (via toraumaboxer) (via yokokick) (via jun26) (via yellowblog) (via mnky) (via -barrier-) (via exposition) (via wakatteinai)
こっちにいた時はあんまり開拓してなかった上七軒~西陣辺りを歩いてきた。

#祭 #神社 #京都 #kyoto #dance #shrine #stage #舞台

こっちにいた時はあんまり開拓してなかった上七軒~西陣辺りを歩いてきた。

#祭 #神社 #京都 #kyoto #dance #shrine #stage #舞台

数年来フリーズ脳対策として個人的に心がけていることとして、

1 企画の発想はパソコンを使わず紙の上に書いていく
2 仕事中に社内を歩き回るか外を散歩して考えをまとめる
3 情報収集ではネットサーフィンは最小限にして本を読む
4 誰かをランチに誘ってややこしい問題を人に簡単に説明する
5 真面目な会議でもなるべく人を笑わせるよう努力する

がある。この本を読む限りではだいたい方向性は間違ってなかったようだ。

この言葉は好きである。 



「立って半畳、寝て一畳、天下取っても二合半」


 いくらお金や権力をもてたとしても、人間の必要なスペースと食べられる量は限られているのである。人間はどうも世間の他人にむけて権力や豪勢さの威嚇をしないとコワくてしょうがないみたいである。 

スーツの3万と7万は見た目ほぼわからない。明らかに差が出るのは20万かな。靴は3万と10万はわかるけど10万と50万はわからない。黒豆は500円と1000円とで煮てるときの様子から味まで完全に違う。お金かけるべきは明らかに黒豆。

口座名義人が死亡したら凍結しないといけないからいくら頼まれても触れなくなるんだよね。

で、たまにいるんだよ「うちの人が死んだんだけど下ろせますか?」って訊いてくる人。
「下ろせませんよ」って言うんだけど内心(あ~あ、言っちゃったよ。死んでるって言わなきゃ下ろせたのに)って残念な気分になる。

身内が死んだら何にも言わず即引き出せ、絶対言っちゃダメだぞ。

俺「電源入らないんじゃ手元に持ち帰ってもバックアップも出来ないんじゃ…」
au「いや時折ですが、
『修理技術の発達した未来になるまで手元に置いておく』というお客様もおりまして」
俺「」
クワ がカッコつけて飾られてた。
#国立民族学博物館 #みんぱく #fork

クワ がカッコつけて飾られてた。
#国立民族学博物館 #みんぱく #fork

扇風機 がこれだったら嫌

 #国立民族学博物館  #仮面 #mask

扇風機 がこれだったら嫌

#国立民族学博物館 #仮面 #mask

スチームパンク的なセンスを感じた手桶

#国立民族学博物館 #蛇口 #faucet

スチームパンク的なセンスを感じた手桶

#国立民族学博物館 #蛇口 #faucet

socialfoto:

1969 Jaguar, Roadster by Photojourno21

socialfoto:

1969 Jaguar, Roadster by Photojourno21

(chr6099から)

かつてあンなに好きだったものが、あまりピンとこなくなり興味を失う事がある。それに費やした時間やお金を考えると唖然とするが、それは自分が次の段階へ上がったのだと喜ぶ事なのだ。無駄が人生を豊かにする事は多い。皮肉な事に、この世で大して役に立たないものが、最も楽しいものだったりする。
本田宗一郎は、消費者に何が欲しいか聞いてそこで一位になったものを作って販売する、という事に対して、死ねば良いのに、と述べている。
falsehope: It’s That Time (via peperon999) (via katoyuu) (via kml) (via konishiroku) (via suchi) (via yaruo) (via thresholdnote, anbt) (via dukkha) (via dannnao) (via itokonnyaku) (via rcxtester) (via sashatan) (via maenomeri) (via junsakura) (via aki373) (via technerd-org) (via gutarin) (via an-k) (via hiyoko72) (via nobby0-0) (via toraumaboxer) (via yokokick) (via jun26) (via yellowblog) (via mnky) (via -barrier-) (via exposition) (via wakatteinai)
こっちにいた時はあんまり開拓してなかった上七軒~西陣辺りを歩いてきた。

#祭 #神社 #京都 #kyoto #dance #shrine #stage #舞台

こっちにいた時はあんまり開拓してなかった上七軒~西陣辺りを歩いてきた。

#祭 #神社 #京都 #kyoto #dance #shrine #stage #舞台

数年来フリーズ脳対策として個人的に心がけていることとして、

1 企画の発想はパソコンを使わず紙の上に書いていく
2 仕事中に社内を歩き回るか外を散歩して考えをまとめる
3 情報収集ではネットサーフィンは最小限にして本を読む
4 誰かをランチに誘ってややこしい問題を人に簡単に説明する
5 真面目な会議でもなるべく人を笑わせるよう努力する

がある。この本を読む限りではだいたい方向性は間違ってなかったようだ。

この言葉は好きである。 



「立って半畳、寝て一畳、天下取っても二合半」


 いくらお金や権力をもてたとしても、人間の必要なスペースと食べられる量は限られているのである。人間はどうも世間の他人にむけて権力や豪勢さの威嚇をしないとコワくてしょうがないみたいである。 

スーツの3万と7万は見た目ほぼわからない。明らかに差が出るのは20万かな。靴は3万と10万はわかるけど10万と50万はわからない。黒豆は500円と1000円とで煮てるときの様子から味まで完全に違う。お金かけるべきは明らかに黒豆。

口座名義人が死亡したら凍結しないといけないからいくら頼まれても触れなくなるんだよね。

で、たまにいるんだよ「うちの人が死んだんだけど下ろせますか?」って訊いてくる人。
「下ろせませんよ」って言うんだけど内心(あ~あ、言っちゃったよ。死んでるって言わなきゃ下ろせたのに)って残念な気分になる。

身内が死んだら何にも言わず即引き出せ、絶対言っちゃダメだぞ。

automotivated:

Renault Alpine A110

automotivated:

Renault Alpine A110

(senchatengokuから)

俺「電源入らないんじゃ手元に持ち帰ってもバックアップも出来ないんじゃ…」
au「いや時折ですが、
『修理技術の発達した未来になるまで手元に置いておく』というお客様もおりまして」
俺「」
クワ がカッコつけて飾られてた。
#国立民族学博物館 #みんぱく #fork

クワ がカッコつけて飾られてた。
#国立民族学博物館 #みんぱく #fork

扇風機 がこれだったら嫌

 #国立民族学博物館  #仮面 #mask

扇風機 がこれだったら嫌

#国立民族学博物館 #仮面 #mask

スチームパンク的なセンスを感じた手桶

#国立民族学博物館 #蛇口 #faucet

スチームパンク的なセンスを感じた手桶

#国立民族学博物館 #蛇口 #faucet

"かつてあンなに好きだったものが、あまりピンとこなくなり興味を失う事がある。それに費やした時間やお金を考えると唖然とするが、それは自分が次の段階へ上がったのだと喜ぶ事なのだ。無駄が人生を豊かにする事は多い。皮肉な事に、この世で大して役に立たないものが、最も楽しいものだったりする。"
"本田宗一郎は、消費者に何が欲しいか聞いてそこで一位になったものを作って販売する、という事に対して、死ねば良いのに、と述べている。"
"

数年来フリーズ脳対策として個人的に心がけていることとして、

1 企画の発想はパソコンを使わず紙の上に書いていく
2 仕事中に社内を歩き回るか外を散歩して考えをまとめる
3 情報収集ではネットサーフィンは最小限にして本を読む
4 誰かをランチに誘ってややこしい問題を人に簡単に説明する
5 真面目な会議でもなるべく人を笑わせるよう努力する

がある。この本を読む限りではだいたい方向性は間違ってなかったようだ。

"
"

この言葉は好きである。 



「立って半畳、寝て一畳、天下取っても二合半」


 いくらお金や権力をもてたとしても、人間の必要なスペースと食べられる量は限られているのである。人間はどうも世間の他人にむけて権力や豪勢さの威嚇をしないとコワくてしょうがないみたいである。 

"
"スーツの3万と7万は見た目ほぼわからない。明らかに差が出るのは20万かな。靴は3万と10万はわかるけど10万と50万はわからない。黒豆は500円と1000円とで煮てるときの様子から味まで完全に違う。お金かけるべきは明らかに黒豆。"
"

口座名義人が死亡したら凍結しないといけないからいくら頼まれても触れなくなるんだよね。

で、たまにいるんだよ「うちの人が死んだんだけど下ろせますか?」って訊いてくる人。
「下ろせませんよ」って言うんだけど内心(あ~あ、言っちゃったよ。死んでるって言わなきゃ下ろせたのに)って残念な気分になる。

身内が死んだら何にも言わず即引き出せ、絶対言っちゃダメだぞ。

"
"俺「電源入らないんじゃ手元に持ち帰ってもバックアップも出来ないんじゃ…」
au「いや時折ですが、
『修理技術の発達した未来になるまで手元に置いておく』というお客様もおりまして」
俺「」"

Tumblrについて:

フォロー中: